【小話】拾った夏の日記帳

小話

 ある場所で古びた日記帳を拾った。

7月25日

今日から夏休みだ!今年の夏はいつもと違う夏休みにしたいから、日記にしてみることにした。
今年はどこに行こうかな!
海に行って泳いだり、山に行ってキャンプしたり、
遊園地に行ってジェットコースターに乗ったり、したいことはたくさんあるから、
楽しい夏休みになりそうだ!
あと、ずっと好きなあの子との関係も進展させたい…
告白…ああ、でも、勇気がないなぁ

7月28日

今日は家の近くの公園に行ってきた。
近所の公園は大きめな噴水があって、
そこで水遊びできるからか人がたくさんいた!
最初は一人で遊んでたんだけど、途中で友達と合流したから
すごく楽しい時間になった!
でも、今日はあの子に会えなかったなぁ
昨日も会えなかったし、その前も…
明日は会えるかなぁ…

8月3日

今日は花火大会に行ってきた!
おばあちゃんからもらった浴衣を着て、友達3人と一緒に屋台を回ってたんだけど、古い臭いがするって友達に笑われてちょっと恥ずかしかった…
そんなこと言わなくてもいいのにさ。
ちょっと喧嘩になっちゃったけど、最後は笑顔で帰れたからよかったよ。
そういえば、金魚すくいの屋台であの子に会えたんだ!
可愛い花柄の浴衣だった!
緊張して上手く話せなかったんだけど、
ちゃんと可愛いって褒めてあげたかったなぁ

8月9日

今日は全然楽しい日じゃなかった。
花火大会の日に一緒に遊んだ友達の一人がいなくなっちゃったんだって。
そんなこと僕に聞かれても困るのにさ。
僕は普通にお祭りを楽しんで帰っただけなのに。
しつこく何度も聞いてくるからむかついちゃった。
僕もまだまだ子供だなぁ…
あぁあ、早く大人になりたい。そうしたらあの子も振り向いてくれると思うんだけど…

8月13日

今日は好きなあの子と少しだけ話せた!
夏期講習に向かう途中だったんだけど、なんだか元気がなさそうだったから声をかけたんだ。
そうしたら、叔母さんが家に帰ってないんだって悲しそうにしてた。
すごく可哀そうだなって思ったから、
寂しい時は僕が一緒にいるよって言ったんだ。
そうしたら彼女、ありがとうって笑ってくれた。
それがすっごく嬉しかった!
少しでもあの子の役に立ててたらいいなぁ

8月19日

もうすぐ夏休みも終わっちゃう。
今年の夏休みは、ほとんどなにもできなかったなぁ。
キャンプにも行けなかったし、遊園地にも…
市営プールはあの子がいるから毎日行ってたんだけど、
おっきなイベントはなかったなぁ。
でも、泳ぎはかなり得意になった(笑)
平泳ぎが苦手だったんだけど、完璧に泳げるようになった!
残り数日しかないけど、最後まで夏休みを楽しむぞ!
宿題も終わらせなきゃ…(泣)

8月22日

あの子を見かけた。
でも声はかけられなかった。
だって、僕の友達と一緒にいたから。
楽しそうに笑ってた。僕も混ざればよかったんだけど、
なんか、そういう空気じゃない感じだったから。
二人って、もしかして…
でも、友達は僕があの子のこと好きだって知ってるはずだし、
友達だもんね?そんなこと、ないよね。
もしかしたら、僕の話をしていたのかもしれないし。
この後友達に会うから、その時にちょっと話聞いてみよう。

8月24日

やっと宿題が全部終わった…大変だったぁ
毎年毎年嫌になっちゃうよ。
でも、今日これからあの子と待ち合わせしてるんだ。
あの日、友達にいろいろ聞いたら、
二人は僕に内緒で付き合ってたんだって。
最初は怒りでどうにかなりそうだったけど、
よく話し合ったらわかってくれて、僕に譲ってくれるっていうんだ。
持つべきものは友、だよねぇ。
おかげで今日の待ち合わせもスムーズに決められたし
楽しみだなぁ!!

8月28日

警察が家にきた。
なんかよくわからないけど、僕の友達とあの子について聞きたいらしい。
任意だって言ってたから断った。
僕にはこれから予定があるんだ、時間を無駄にしたくない。
今まで会えなかった分、たくさん話して僕のことを知ってもらわなきゃ
だって将来は僕のお嫁さんになるんだもの。

8月31日

今日で夏休みも最後だ。
イベントはたくさんはなかったけど、それでも充実したいい夏休みだった!
宿題も終わってるし、思い残すことはない…!
日記も今日で終わりにする。
365日日記をつけるのはできないかもだけど、期間限定の日記だったら楽しく書けそうだっていうのが今回でわかったから、次は冬休みにまた日記は再開しようと思う!

日記帳は8月31日で終わっていた。
少し日記の内容について振り返ってみる。

そして、日記を元あった場所に戻して、急いで家に帰った。

タイトルとURLをコピーしました